TEL 0568-25-8001

〒481-0038
愛知県北名古屋市徳重米野37番地1

胃カメラ

慢性疾患の管理指導が必要な方やリハビリでマッサージをご希望の方の予約はコチラ
Mobile Site

胃カメラ(上部内視鏡)とは

胃カメラ検査は食道、胃、十二指腸を観察する検査です。主に、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査や、検診で異常が疑われた方を診断するために行います。内視鏡検査では、直接胃の内腔を観察し、必要な場合は病変の一部の組織採取(生検)も可能なため、より正確な診断ができます。

当院では、より見落としの少ない検査であることを優先して経口内視鏡検査を行っております。経口内視鏡検査は観察能力に優れている反面、検査中の嘔吐反射などの不快感を伴うという欠点があります。当院では、咽喉頭の麻酔を一般の胃カメラ検査に比べて十分入念に行うことで、患者様に苦痛の少ない検査を受けていただけるようにしております。

胃カメラでわかる主な疾患

咽頭癌、喉頭癌、声帯ポリープなど
食道 食道癌、食道静脈瘤、逆流性食道炎、食道ヘルペスなど
胃癌、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、慢性胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症など
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、乳頭部腫瘍など

胃カメラ検査が必要な人

みぞおちの不快感や痛みがある
胃の不快感がある
胸焼けがする
のどまたは胸のつかえ感がある
吐き気や胃もたれ、嘔吐感がある
黒い便が出る
貧血を指摘されている
体重が急に減った
バリウム検査で異常を指摘された など

上記の症状に心当たりがある方は、ぜひ一度、胃カメラ検査お受けください。

 

PAGE TOP